画像
画像
画像
画像
画像

煎じて飲むのが効果的!?

長い歴史を持つ高麗人参ですが、どのようにして摂取することが一番効果的なのでしょうか?
最近では、サプリメントやドリンクなどで簡単に摂取することができる様になってきましたが、飲み方にはこのような方法が昔から伝わって来ています。
日本で特に昔から一般的に行われてきたと言われている飲み方が、高麗人参を煎じて飲むという方法です。
この飲み方は今でも続いているそうです。

では、高麗人参を煎じて飲んだ方が効果は高いのでしょうか?
漢方薬としては材料を煎じて飲むという方法はとても効果的と言われているので、高麗人参も煎じて飲むことはプラスとして考えていいと思います。
煎じて飲む高麗人参は乾燥したものをおすすめします。
生のものは栽培年数が少ないものが多いので、乾燥したものと比べると有効成分が少なくなってしまうそうです。
煎じて飲むという事に対しては、生でも乾燥したものでも大丈夫なので、少し頭の隅に入れておいてください。

ここで、簡単な煎じ方ですが、1時間程度の時間を掛けて弱火でゆっくりとお鍋で煎じていきます。
高麗人参はニオイが強く、後にも残ることがあるので、食器やお鍋など気になる方は注意して下さい。

飲み方としては、空腹時に1回コップ1杯程度として下さい。
これ以上はあまり摂取しないようにして下さい。
初めての方は多少気分が悪くなるという事もあるそうです。
そのような場合は、飲む量を調節してみて下さい。
無理に飲むということはせずに、たくさん飲んでも効果があるというものではないので、自分にあった摂取量を継続して下さい。
出来上がった飲み物は、冷やしても、温かいままでもいいそうです。
寒い時などは十分に体が温まりそうですよね。

高麗人参の煎じ方を確認してから、自分の体に合った正しい飲み方で効果を高めて行ってください。
飲み続けて行くことで、その効果はハッキリしてくると思います。
途中で諦めず、時間を掛けて高麗人参を煎じて飲んでみて下さい。