画像
画像
画像
画像
画像

サポニンとはどんなものか

皆さんはサポニンという成分をご存じでしょうか?
最近ではよく耳にすることも増えてきている言葉ですが、どういったものなのかという所までは知らないという方も多いと思います。
サポニンという成分は、高麗人参に多く含まれています。
高麗人参は長い歴史を持ち、今でもその効果には高い評価があります。
世界中のたくさんの人達から注目され、人気のある食材となっています。
最近では健康食品として、食品も多数出ていて、サプリやドリンクとなって出回っています。
手軽に簡単に取り入れる事ができる様になってきました。

では、サポニンとはどのようなものかと言うと、植物にほとんど含まれている成分の1つでもあります。
サポニンは天然の界面活性剤とまで呼ばれている程、余分な脂肪やコレステロールなどを体の中からキレイに洗い流してくれるといった効果もあります。
余分な脂肪などが流されなくなっていくことで、血行促進や新陳代謝の活性化が高くなり、美容や健康効果はもちろん、生活習慣病の予防やストレス解消などの精神的な面にも効果があると言われています。
とくに美容に関しては、体の中からキレイにするということで、便秘などにも効き目があります。
そうすると、肌への効果がハッキリと分かってきます。
肌のくすみやたるみ、シミ、しわなどの改善にもなります。

血液ドロドロという言葉を最近良く聞きようになってしましましたが、高麗人参を摂取する事で血液サラサラに戻す事も可能です。
そして、生活習慣病にもある動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞など血管が血栓によって詰まってしまうというパターンを予防することができるので、継続して高麗人参の摂取を心掛けてみて下さい。

そして、サポニン多く含まれている条件を上げると、加工方法の1つでもある「紅参」に最も多く含まれています。
サポニンが多く含まれている皮を取り除かずに加工するということが、サポニンを多く含むポイントになっているそうです。
もう一つは、栽培年数ですが「六年根」と呼ばれている六年ものの高麗人参に多くのサポニンが含まれています。

このように、サポニンの含有量は製品選びにもとても重要となってきますので、しっかり確認してみて下さい。