画像
画像
画像
画像
画像

国産の高麗人参

高麗人参と聞くと、中国や韓国での栽培が中心となっているものというイメージが高いと思います。
歴史を振り返ってみれば、中国大陸や朝鮮半島から伝わってきたということがわかります。
日本に伝わってきたのは、奈良時代と言われているそうです。
そして時代は過ぎ、栽培が始まったのは江戸時代になってから高麗人参が国内で栽培されるようになりました。

現在の日本でも、会津地方や東信地方で高麗人参の栽培は続けられています。
最近では、サプリやドリンクなどたくさんの商品が出回っており、これに使われている高麗人参はほぼ外国産だと言えます。
外国産のものが多い高麗人参ですが、国内産の高麗人参も販売されています。
そこで、国内産の高麗人参の魅力というものがいくつか上げられます。

その中でも注目されているのが、国内産は安全性が最も高いことです。
この安全性に関しては、中国や韓国とは大きく違いがあるとも言われているそうです。
栽培をする時の水や土が、一番のポイントになっていると思います。
国内で栽培している農家の方々は、本当に細かい所まで配慮しながら高麗人参の栽培を続けています。
そういった面で国内産は、海外産と比べると安全性は高いと言ってもいいと思われます。

昔は中国から伝わってきた高麗人参ですが、やはり国内産のものに対して安全性や信頼感を持ってしまいます。
何か問題が起きたとしても、国内産はサポートがしっかりしているので、安心して使うことができます。
安いからとか、昔から伝わる中国産だからなどといった理由だけで購入をすることは控えて下さい。
トラブルの1つに農薬というものがあります。
外国産には農薬が使われているといったパターンも多いそうなので、十分注意して購入して下さい。

国内産となると、生産量も少なく高額なものになってしまうので、金額にも目を向けて考えてみて下さい。
継続して使いたい高麗人参だからこそ、様々な問題や不安がかぶってくると思いますが、自分に一番良く合う高麗人参を探して摂取をしてみて下さい。