画像
画像
画像
画像
画像

江戸時代に日本でも栽培が始まる

高麗人参の歴史は、何千年とも言えるほど昔からあると言われています。
明確に高麗人参として書物に表れたのは、2000年程前と言われていますが、高麗人参の存在自体は4000年前いや、5000年以上も前からあるとも言われているそうです。
4000年も前にさかのぼれば、日本は縄文時代…。縄文時代といえば、狩りを中心にして自給自足の時代だったと思います。

そんな時代に表れた高麗人参の存在に人々はどのような関心を持ったでしょう?
薬として信頼する人もいれば、信じる事はできないという人もいたと思います。
ですが、本当に信じられないといってもいいくらい不思議なものでもあり、魔法のようにも見えたと思います。

では、日本に高麗人参が伝わってきたのはいつのことなのでしょうか?
それは、奈良時代とも言われています。
ですが、この時代の日本は医学に関しての発展がほとんどありませんでした。
そこへ現れた高麗人参は人々へ大きな衝撃をもたらしたと思います。

そして、江戸時代になった頃に日本でも高麗人参の栽培をするようになりました。
江戸時代といえば、徳川家となりますが、家康の頃から高麗人参の栽培には挑戦してたそうです。
しかし、そんなに簡単にできるものではなく、種からの発芽がとても難しかったと言われ、栽培には長い時間が掛かったと言われています。

八代目将軍の吉宗の頃に高麗人参の栽培が確実に日本でも成功しました。
長い期間を掛けて、色々と考え挑戦して栽培が可能となったわけです。
振り返って見れば、江戸時代にここまで考えられる力があるということが、日本人として誇りに思えます。
この時に高麗人参へ興味を持ち、栽培に踏み切ったことが今に繋がっていると思うと、本当に素晴らしい食物だということが分かります。

あの時の日本での挑戦や希望を今に活かし、これから高麗人参を実際に試してみてはいかがでしょうか。
きっと、幅広い面で効果は確実に現れてくると思いますよ!