画像
画像
画像
画像
画像

Pick Up コラム -高麗人参の飲み方を特集!

画像

高麗人参の効果をしっかりと体感する為には、
飲み方を一工夫するのも大事なポイントです。
体調や体質などにあわせて飲む量を増減するなど・・・
ちょっとした使い方の工夫で効果の実感度が大きく左右されます。
ここでは、そんな「飲み方」について徹底特集しました!

目的に応じて飲み方を切り替える!

どんな目的で高麗人参を飲むのか・・・という「用途」によって飲む量を増減するのも手段の一つです。
例えば、健康管理を考えているのであれば、摂取目安量通りに摂るのが理想的です。
ex)金氏高麗人参であれば一日1粒
しかし、健康を維持するのではなく「体質を改善していきたい」「症状を治したい」などの効能を期待する場合は、
少しだけ多めに高麗人参を飲むのも良いかも知れません。
ex)金氏高麗人参であれば一日2・3粒ほどに増やすなど・・・

美容やアンチエイジングが目的の場合は、基本的には摂取目安量通りに飲めばOKです。
ただし、ちょっと肌の状態や体調が悪いかな・・・という時は日によって少し多めに飲むのも良いかも知れません。
ex)高麗美人であれば基本は一日2粒。
肌の調子が悪いときは一日3粒など・・・

高麗人参は薬ではなく健康食品なので、基本的には摂取量を厳密に守る必要はありません。
もちろん、飲み方によって副作用が生じるということもないので、安心してください。
状況に応じて、柔軟に飲み方を調整してみましょう。

好転反応について
Cleansing reaction

基本的な飲み方については上述した通りなのですが、気を付けておきたいのは飲み始めの時期です。
飲み始めたばかりの頃は高麗人参に身体が慣れておらず、体調に一時的な変化を感じることがあります。 これは身体に溜まっていた毒素や老廃物が排出されることが原因となっています。
もちろん、必ず起きるという訳ではありませんが、念のために知識をつけておきましょう。
具体的な体調の変化としては、眠気やだるさ、倦怠感などが代表的です。

画像

また、不安な人は高麗人参を身体にじっくりと馴染ませるということを意識すると良いかも知れません。
例えば、金氏高麗人参の場合なら・・・
ex) 一日目~四日目:1粒
五日目~六日目:1.5粒
七日目以降:2粒
※金氏高麗人参はカプセルではなく粒タイプなので包丁などで簡単に半分に割ることができます。

徐々に身体に馴染ませれば、好転反応が生じる可能性は非常に低くなります。
試してみてください。

また、好転反応が起きてしまっても慌てなくて大丈夫です。
一時的なものなので、すぐに治まりますし、それは効果実感の嬉しいサインでもあります。
「もうすぐ効き目があらわれますよ~!」という身体からのサインです。
好転反応を乗り越えて、美容に健康にと幅広く高麗人参を役立てましょう。

続けることが大切!Continuation

このコラムでは、飲み方について色々と解説してきましたが、最終的に何が一番大事か・・・
と聞かれれば、迷わずに「続けること」と断言します。
それだけ、高麗人参は「継続的な摂取」が効果実感の為に大切なのです。

また、効果を感じるまでの期間には個人差がありますが、基本的には三箇月くらいを目安にして摂取すると良いでしょう。
もちろん三箇月よりも半年、一年と長く飲めば飲むだけ身体には良いのですが、まずは三箇月を基準に飲み忘れることのない様に気を付けながら続けてみましょう。

飲む時間帯Time zone

時間帯に関しては、食前や食間などが良いと言われています。
空腹時に飲んだ方が吸収率が上がるのです。
食事の30分くらい前から食事の3時間後くらいを目安にしてみてください。
また、「昼食直後」「夕食前」と飲む時間を決めることで飲み忘れを防げるというメリットもあるので、飲む時間帯については積極的に習慣にすることをお薦めします。