画像
画像
画像
画像
画像

古い書物にも登場する薬草

高麗人参と聞くと、何千年も前から伝わる歴史ある植物だということがイメージできます。
そして、昔から中国や韓国などでは、薬物として漢方薬などに利用して来たと言われています。
薬物療法として高麗人参を取り入れてきたことで、神だけを信じ続けていたという流れが、医を頼るという流れに変わりつつある時でもありました。
そして、最も古いと言われている医学書「黄帝内経」に色々な資料を集め、書物にまとめてあり、医学としてもとても歴史が長く、奥が深いものとなっていることがわかります。

この他にも、高麗人参は色々な分野で医学の世界に登場してきています。
漢方薬の原料として昔から使われてきているものでもあります。
霊薬や仙薬などとも呼ばれているくらい、とても高い評価をされていることも分かります。

また、中国や韓国だけに歴史があるわけではなく、我が国日本でも高麗人参の歴史というものはあるんですよ。
それは、さかのぼること奈良時代の話しになります。
中国にある渤海という内海状の海域から、聖武天皇へ届られたということがきっかけで、今に伝わってきているんです。

奈良時代では、まだ医学ということがなく、神や呪術で病気を治していくといったことが普通の時代でもありました。
そんな時に、薬物という形で治療をすることができるという考えは、この時代の人々には驚きを隠せない程の衝撃があったと思います。
それから時代は過ぎ、江戸時代になった頃、高麗人参を日本で栽培するということができたのです。
日本でも時代と共に高麗人参は長い歴史を重ねていることがわかりますね。

このように、高麗人参というものは長い歴史と同時に、高級品としても高い評価があり今に伝わって来ています。
高級品ともなると、金額の方も気になってしまいますが、最近では手頃な価格で購入することもでき、高麗人参の効果を実感する事もできるんです。
気軽な気持ちからスタートする事もできるので、是非お試しになってみてはいかがでしょうか?