画像
画像
画像
画像
画像

動脈硬化を防ぐ効果

生活習慣病は大きく分けて6つ「糖尿病・脳卒中・心臓病・脂質異常症・高血圧・肥満」です。

そして、各分野によって病気や症状は細かく分かれています。
糖尿病では合併症となる腎不全や網膜症、脳卒中では脳梗塞やくも膜下出血が代表的で、心臓病では心不全や心筋梗塞、心臓弁膜症などがあり、脂質異常症になるとコレステロールに関わる病気が多く、動脈硬化が起こりやすくなり脳や心臓への疾患原因となります。
高血圧はとても多くの病気と重なることがあり、肥満も同じく生活習慣病の中で最も重大な原因となっています。

動脈硬化と聞いて真っ先にイメージすることと言えば、肥満やアルコールによってできた中性脂肪、悪玉・善玉コレステロール、ドロドロ血液などではないでしょうか?
動脈硬化は、血管の内側にコレステロールからできてしまった脂肪が固まってしまい、時間が過ぎると共にどんどん大きくなってきてしまいます。
そして、動脈が狭くなってしまい、血栓ができると動脈はふさがってしまい血液が流れなくなってしまいます。
この様に動脈硬化は自分で予防する事ができるにも関わらず、不規則な生活習慣によって様々な病気と隣合わせになってしまっているんです。
予防はもちろん食生活や運動などを続けるという事が第一ですが、その他に高麗人参を摂取する手があります。
その理由として、高麗人参に含まれるサポニンがコレステロール分解や血栓を作らない、溶かしてくれるといった作用を持つためです。
また、血液の流れを良くする作用もあるため、血管の拡張にも一役買ってくれます。
これは、動脈硬化予防のためにある食材のようなものです。

最後に、生活習慣病は普段の食事や運動のバランスが最も大切です。
それらを踏まえたうえで、高麗人参を摂取しましょう。